信長の野望~武将達の黄昏~

信長の野望や歴史の徒然日記 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本拠地専用都市作り

さて、プレイ開始前にエディタで編集です

佐竹家は領地が2つあるので、太田城(舞鶴城)を本拠地専用都市、大館城を育成専用都市として作り上げていきます





今回は本拠地専用都市作りです

本拠地はどれだけ離れた戦にも参戦出来るので、直接攻撃力アップの「練兵所」と射撃攻撃力アップの「御坊」は欠かせません

練兵所も御坊も一軒につき3%の攻撃力アップです

そして、最大攻撃力アップは30%までなので、それぞれ10軒作る必要があります



「練兵所」は「八幡宮」を1つ作れば、「大八幡」による「強行状態(戦開始時兵1400以下)」の恩恵も受けられます

なので、八幡宮の町並みには大八幡と練兵所を最低10軒建てれば、残りの場所には好きなモノを建設して下さい



問題は御坊です

これは、「本願寺」の町並みを10作らなければなりませんからね

この為、30という制限の町作りの1/3を消費してしまいます

本願寺の中身は、御坊とあとは「水車」だけでOKです

水車は「治水の毎時節アップ」という効果があるので、トータル150個建てるコトになりますから、これで治水低下はほぼ皆無ですね



次に、南蛮町(または貿易町)で「商会」を建設します

商会は「国崩隊」編成可能になります

南蛮文化値999の為に、南蛮町(貿易町)は最低2つ必要となります



城郭防御値アップの為には、「火の見櫓」が必要です

1軒につき100アップの最大1000アップまでなので、これも10軒あればOK

なので、「宿場町」1つで足りる訳ですが、兵士増加と金銭増加をする為に宿場町は2つにしました



武家町は1つで十分です

中身は、「大名屋敷」と「番所」のみ

番所は「治安の毎時節アップ」効果がありますが、十五軒あれば十分です



鍛冶町と牧場はそれぞれ4つずつ

中身は「鉄砲鍛冶」と「馬牧場」のみで、それぞれトータル64軒前後建設出来るはずです

そうすると、毎時節640程の鉄砲と馬の収入が期待出来ます



「商人町」は1つ

中身は「黄金茶室」と「土蔵」のみでOK



「大社」も1つ

中身は「大社」と「学問所」と「鐘楼」

学問所は「公家町」との関係がありますが、公家町の学問所と合わせて30軒建設出来ればいいので、残りは鐘楼を建設しましょう

鐘楼は「民忠アップの効果」があります



「公家町」は2つ

中身は「離宮」と「学問所」、余った土地に「座」を建設すればOKです

離宮は「朝廷貢献度アップと1つ上の官位が貰える」効果があります



「忍の里」も2つ

中身は「修験寺」と「水車」

ま、修験寺を30軒建てるので、水車は合計2軒しか建ちませんが・・・(笑



これで、本拠地専用都市の完成です

八幡宮1・本願寺10・南蛮町(貿易町)2・宿場町2・武家町1・鍛冶町4・牧場4・商人町1・大社1・公家町2・忍の里2で30の町並みになります

最大兵士数21600・商業30897・農業99999・日本文化999・南蛮文化999

もう少し、兵士数と商業が欲しいトコロですが・・・

忍の里・公家町・大社の代わりに兵士数や商業がアップする町並みを入れてもいいかも・・・



今回、この忍の里・公家町・大社を入れたのは、武将の能力育成と共に計略や朝廷外交の為に入れました

これは、あくまで参考なんで、もっと良い町作りをしてみて下さいね


スポンサーサイト

| 天下創世 | 10:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://esttakenobunaga.blog117.fc2.com/tb.php/6-8a73f27d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。